ウチナーンチュの日にはブタを!

更新日:2021年10月25日


「世界のウチナーンチュの日」から始まる 「世界のウチナーンチュウィーク(ウチナーンチュの感謝祭)」

を世界中のウチナーンチュでともにお祝いしませんか。


WUBネットワーク

#UCHINA1000チーム

 毎年10月30日は「世界のウチナーンチュの日」です。

2016年に制定したばかりでこの日を知らない沖縄県民のみなさん、県外、海外にいるウチナーンチュ(約40万人)の皆さんも多いと思います。

 私たちは、「世界のウチナーンチュの⽇」を多くのウチナーンチュに広く知らせたい、「世界のウチナーンチュの⽇」に世界中のウチナーンチュと沖縄県⺠のみなさんが共通の体験をすることでウチナーンチュの⼀体感を持たせたい、と考えて「世界のウチナーンチュウィーク(ウチナーンチュの感謝祭)」を企画させていただきました。


Ø 企画内容:「世界のウチナーンチュの⽇(ウイーク)を共に祝おう」

実施期間:2020年10月30日~11月6日

l 米国の「感謝祭に家族が集まり七⾯⿃を⼀緒に⾷べる」と同じように「世界のウチナーンチュの⽇に家族や友人が集まり豚⾁を⾷べる」のが当たり前の習慣にしたい。

l 家族や友⼈との会話を通じて、家族の物語や沖縄のルーツや、過去、現在、そして未来について語り合い思いを巡らせる機会を提供したい。


Ø ウチナーンチュウィークになぜ豚⾁を食べるのか?

l 爪と鳴き声以外は全部食べられるという豚肉は沖縄の食文化の象徴であること。

l 戦後、沖縄県⺠が⾷糧難で困っていた時に、世界各国のウチナーンチュが沖縄の⼈々を支援し、ハワイのウチナーンチュも550頭の豚を沖縄に贈ってくれました。そのおかげで戦後の食糧難を乗り越え復興できたこと。

l 以上のことから「感謝祭Thanksgiving」のような取り組みを世界のウチナーンチュの⽇に合わせ、豚料理を一緒に食べる習慣としたい。

※⽶国の感謝祭は、⽶国に移住してきた開拓者達が⾷料に困って餓死者を出していた頃、先住⺠が分け与えた七⾯⿃で⾷糧難を乗り越えたことが由来です。


Ø ウチナーンチュの皆さまにお願いしたいこと

l 「世界のウチナーンチュウィーク」に参加していただき、家族や友人と自宅やレストラン等の飲食店に集い豚⾁を⾷べながら、楽しい時間を過ごしてください。

l 豚⾁を使ったお料理の写真、家族や友人と楽しんでいる様⼦など、ハッシュタグを付けたSNS への写真投稿をしてください。

l ハッシュタグは下記いずれか、もしくは全てでお願いします。

#worlduchinanchuday , #worlduchinanchuweek, #pork550, #WUB,

#UCHINA1000 , #PeaceOfRyukyuKingdom, #howieatpork,


 ※世界のウチナーンチュとは、沖縄県⺠、県外・海外の県系人、県系人以外の沖縄を愛する全ての⼈々(Uchinanchu‐at‐heart)を想定


Ø レストラン等の飲食店関係者の皆さまにお願いしたいこと

l 別添「世界のウチナーンチュウィークロゴ」を活用して、店舗に掲示してウチナーンチュウィークの実施期間前からの告知の協力と実施期間中におすすめの豚料理メニューの提供をお願いし、ウチナーンチュの皆さんに楽しい時間と場所を提供してください。

Ø ロゴを⼊れた店内の写真を上記のハッシュタグを付けてSNS(インスタグラム、Facebook)へ投稿してください。

Ø 豚⾁を使ったお料理の写真、お客様が楽しんでいる様⼦など、上記のハッシュタグを付けたSNS への写真投稿をお客様にお勧めしてください。


Ø スーパー・コンビニ、豚肉加工品等の事業者の皆さまにお願いしたいこと

l 別添「世界のウチナーンチュウィークロゴ」を活用して、店舗に掲示してウチナーンチュウィークの実施期間前からの告知の協力と実施期間中におすすめの豚肉商品や総菜の提供し、自宅で家族や友人との食事の機会を提案してください。


Ø ロゴの入手方法と利用上のご注意について

l 別添②「参加ロゴのダウンロード、使⽤について」をご確認いただき

l https://www.okisocial.com/world-uchinanchu-week-promotion-guide/

にアクセスし、ご利用上の注意に基づいてご活用ください。(ロゴの形や色を変えない範囲で、レストラン等の飲食店、スーパー、コンビニ等でご活用ください。)

l ウチナーンチュウィークロゴ(A4判)の

ダウンロードはこちらから  


別添:

① ウチナーンチュウィーク企画書

② 参加ロゴのダウンロード、使⽤について

以上

バレンタインデーにはチョコをクリスマスにはチキンをそして ウチナーンチュの日にはブタを!! 苦しい時も楽しい時も私たちの隣にはいつもブタがいた!! ハワイから海を渡ったブタに思いを乗せ~

ブタをいただきましょう!!


閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示